BAR 042 大学からも盛り上げたい。井小路 馨(東京大学フットサル部 さんぱち先生)

大学関東リーグの東京大学フットサル部と東京都社会人2部リーグのAOKINGの2チームで選手をしています。

フットサルは大学から始めましたが、戦術への理解が単純なテクニックやフィジカルの差を覆すフットサルが楽しくて仕方ありません。

大学在学中にチームで全国に出場し、部の引退後も社会人リーグで競技の中に身を置き活躍したいと考えています。

バルにはフットサルについての理解を深めること、部活を良い方向へと引っ張っていけるようにチームに対する考え方を学ぶために入りました。指導者不在の中で、ほとんどがフットサル未経験の状態で加入してくる大学のチームをより強く、豊かなチームにしていくためのヒントをバルから頂いています。Fリーグに身を置く村松さんの考え方をはじめ、チームを作っていく様々なヒントに溢れた素晴らしい場所だと思います。

大学リーグと社会人リーグの双方に加入している立場上、両者の違いや、遅れながらも整備されてきた大学リーグの現在地などに目が向くようになりました。バルには様々な背景からの情報が集まってきていますが、大学リーグからもフットサル競技を盛り上げていけるよう、魅力的なチームとなって勝ち上がっていきたいと思っています。

チーム紹介 東京大学フットサル部 さんぱち先生

「以和征技…和を以て技を征する」を理念に掲げ、一人一人がピッチ内外で積み重ねた経験を表現するとともに、チームワークを発揮することにより、個人の技術に秀でた強豪チームにも打ち勝つことを目指します。 並びに、 チーム内の「和」を大学内やフットサル界へ広げていきたいと考えています。

2002年の発足直後からリーグ戦に参加するなど、大学フットサルの黎明期から競技チームとして活動してきました。 2019年より東京大学の運動会へ加入し、東京大学フットサル部として活動しています。 週3-5日、大学の体育館や都内の体育館で活動しています。 関東大学リーグ、全国大学選手権を主要な公式戦と位置づけ、タイトルを目指しています。