SNS

BARフットサルの詳細

2020年8月5日

主宰 村松裕樹
スペインの名門「インテル・モビスター」でU-13の第二監督として活動しながらトップチームで学んだ。同時にスペインのフットサル指導者資格を取得。ユニアオ育成で活動後(U-18東海ベスト4、U-15全国ベスト4)、湘南ベルマーレフットサルクラブの第二監督を務める。
スペインサッカー協会フットサル指導者資格レベル1、モニトール
日本サッカー協会フットサル指導者資格C級

BARフットサルとは

フットサルを学ぶ場

私は、2002年からフットサルを始めフットサルに時間を費やしてきました。スペインで生活をして、あちらの現場に通いまくり、指導者学校で勉強しました。

帰国して日本で活動をしています。学んできたスペイン語や、スペインでの出逢いにより、スペインから今でも学び続けています。

前クラブであるFutsal Clube UNIAOでは育成年代の強化に努め、5年生だった選手たちは中学3年時に全国ベスト4を達成しました。しかし、そんな結果より大切にしていたことは過程。選手たちの育成を第一に考えたトライアンドエラーの連続でした。

現在は湘南ベルマーレでトップチームのコーチとして活動しています。主に戦術面を担当しチーム構築をしています。ここも育成型クラブ、日本一、そして世界へ。

スペインにいた時から現在までの経験を共有しています。そして、僕が日々学んでいる新しい情報も即座に共有しています。

フットサルに関わる皆さんに何か良いキッカケになることを願って取り組んでいます。さらに、サッカーにもフットサルで貢献できることを探しています。

質問できる場

BAR(バル)とはスペイン語で喫茶店やカフェのような場のこと。僕自身がフットサルを話す場が欲しかったこと、そして各指導者が困った時に相談できる場があったらと願い、つくりました。

互いの情報を交換したり、何かあったら助け合うような雰囲気も生まれつつあります。人それぞれの交流の仕方が尊重された交流の場所としていけたら良いと思っています。

BARフットサルで実現したいこと

フットサルというスポーツを通じて、できることを増やしていきたいです。

フットサルを通じて出逢った人たちと交流し、共にフットサルを学ぶことから、フットサルというスポーツを通じて貢献できることまで。

フットサルからそれぞれのビジネスに活かすこと、それぞれのビジネスからフットサルに活かせること、こういった社会的貢献を追求するところまでいきたい。

活動1 知識の共有

共有の価値あるものを、ペースを考えずどんどん発信していきます。内容は、フットサルの様々な戦術面のこと主としながら、指導の方法や身体面、心理面について。その時々に合わせた情報交換も行なっています。

基本的には、監督そして選手(大人)に向けられた内容です。保護者やサポーター、他スポーツの方々にも参加いただいています。

動画や配布による説明、グーグルドライブでデータの保存など

活動2 交流

・Fリーグ各会場で
・ウェブ会合で
・メールで

活動3 ゲストをお呼びした投稿や講習

渡邊健
・スペインフットサル指導者レベル3(日本でS級相当)

定永久男
・元日本代表GK

山下 裕生
・スペインリーガー

鈴木大地
・ライフキネティックトレーナー

高橋優介
・名古屋オーシャンズ
・元F選抜監督

注意事項

・事前入会制となります。
・申込日から1ヶ月毎にクレジットカードもしくは口座振替による引落しが発生になります。(記事はすべて閲覧できます)

※サロンの内容は秘密厳守とさせていただきます。
上記ルールをお守り頂けない場合は法的処置をとらせていただくことがございますのでご了承ください。

お申し込み

  • メールアドレスの用意
  • 「購読」ボタンよりクレジットカード、もしくは口座振替(ワンタイムパスワードもしくは通帳を用意)などの情報を入力。

1100円/月

※「購読」を押すと下記のようなページに行きます。ペイパルのアカウントを持っている方は上の黄色ボタン、持っていない方は下のグレーのボタンから進めてください。
※口座振替の場合は、みずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行のいずれかになります。

メンバーをやめる場合は以下