SNS

2021年4月22日

主宰 村松裕樹

スペインの名門「インテル・モビスター」でU-13の第2監督として、毎週末のリーグ戦や週2回行われる練習で、子どもたちと楽しみながら努力した。

さらに、スペイン代表やブラジル代表選手が集う、そのトップチームの練習にも毎日のように参加。世界最高峰のチームを体感し、日本が世界で強くなるために考える指導の参考となった。

これらの活動をしながら、指導者学校にも通った。テクニック、タクティクス、フィジカル、心理学、解剖学、指導方法、チーム引率、様々な科目の授業とテストを受け、フットサル指導者資格モニトールとレベル1を取得した。

帰国、ユニアオ育成での活動を開始。当時、育成クラスの選手は40人ぐらいだったが、90人ぐらいまで増加。大人のセカンドチームもできた。U-18東海ベスト4に2回、U-15全国ベスト4や愛知県リーグ2連覇を達成。スクール生も約300人在籍した素晴らしいクラブだった。

その後、湘南ベルマーレフットサルクラブのコーチとなる。約1シーズン半、プランニングやトレーニングを担当した。今はサテライトチームの監督としてチーム運営している。

互いに学べる場

僕は、スペインで生活して培うことができた、何とかできるスペイン語で、フットサルを学んでいる。もともと、学んだことをアウトプットしていたが、より効果的にアウトプットしたいという想いからバルフットサルはできた。

ここでの投稿で、何か皆様が学べることがあるように願い、努力している。

僕自身がチーム運営で取り組んでいることについて、これも投稿している。こんなようなことをやってきたから、こういう感じなのか、、、とそんなようなことを良くも悪くも事実を伝えられたら、それは一つの事例として、皆様の役に立つのかなと思う。

こういった投稿に対しては、質問を待っている。メッセージでのやり取りにはなるが、交流することも、バルフットサルができた目的だった。

顔を合わせたことがなくとも、SNSでは生まれなかった交流が生まれている。しかし、どうしても、参加者から質問をいただかないと交流は生まれない。僕から、みなさんが交流できるような発信をするような集まりにはなっていない。そういう場ではないが、行動してくれれば共に動くことはしている。

渡邊健さんの協力

僕が行く前からスペインで生活をしている健さん。僕は彼の協力がなかったら、スペインで生活することはできなかったと思う。

彼のスペインでの経験、学んできた努力(スペイン最高位の資格取得者であり、日本人で保持しているのは2人)を、日本に出していける役割も担えたらと思っている。

注意事項

・申込日から1ヶ月毎に、クレジットカードもしくは口座振替による引落しが発生になります。(記事はすべて閲覧できます)

・口座振込による年払いも可能です。

※サロンの内容は秘密厳守とさせていただきます。上記ルールをお守り頂けない場合は法的処置をとらせていただくことがございますのでご了承ください。

お申し込み

・フェイスブックアカウントの用意(持たない方はメールアドレスだけでも可能)

・「購読」ボタンよりクレジットカード、もしくは口座振替(ワンタイムパスワードもしくは通帳を用意)などの情報を入力。

・年払い希望は muramatsu4@gmail.com まで連絡ください。

1,500円/月(税込)

※口座振替の場合は、みずほ銀行・三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行のいずれかになります。

メンバーをやめる場合は以下