2021/08/13[対談2] 3-1や4-0のフォーメーションやローテーションがシステムを表すではなく選手がシステムを表す

前回の記事

2021/08/13[対談1]こうしないといけないっていうのがフットサルって思われるのは、すごく嫌だ。ローテーション土台ではなくて、選手がいてローテーションをどうしましょうか

 

ゲスト
じゃあ、あまりローテーションとか、こだわらない方が良い?

村松

ローテーションは選手たちがフットサルを学ぶ材料に過ぎないのではないか。そのように扱うべきかと。この動きをしたら勝てるとかではなくて。最終的にさほど要らなくて、なぜなら選手の長所があるし、状況によるプレーを学んでいくから。3-1とか4-0のローテーションではなくて、選手の特徴がシステムかのようになってきている。

僕が学んできたスペインにいる監督が、システムは流動性だと言っていたのを聞いたことがある。それは、止まってボールをもらっていると読まれてしまうから、常に動きの中でプレーする必要があると言っていた。じゃあ動きをいれていったらどうなるか。正直3-14-0も同じような動きだから、中身を見れば。

攻撃システムでは動きの基本は大体3人、どちらのシステムでも3人の動きでつくられているから、その3人の動きたちを知ってしまえば臨機応変にどちらでもやれる。細かく言えば、3から2へどうするかとか、2から3へどうするかのどちらか。そして、とはいえ、重要なのは1。そこも働きかける必要もあって、4人全体をトレーニングしようとしすぎると、3人、2人、1人をトレーニングすると決断の能力が変わってくる。

ゲスト
あー、あとポジション。ここもサッカーから入ってきてわからないんですけど、フィクソ、ピヴォ、アラとあるじゃないですか。サッカーだとセンターバックがフォワードにバーって走っていくとかないじゃないですか。サッカーだとポジションって役割だと思うんですよ。でもフットサルだと、めっちゃ動いていくじゃないですか。フットサルだと役割っている?っていうか。別にもういいかなって。

村松

ポジションについて考えることは重要だと思う。言うように、サッカーだと位置にある程度つく、フットサルでは動くのでつかないように見えるけど、実際には割とついている。ローテーションしながらも自分のプレーエリアは意識しているね。

フィクソ、守備的アラ、攻撃的アラ、ピヴォ、なんて大体な役割を選手に与えている感じ。このバランスは、結構、大切にしてみてる。

そう、だから、最初サッカーから来ると思うよね、サッカーは場所が与えられる、フットサルだと役割が与えられる、そんなイメージだけど、よく考えたらサッカーも役割が与えられているか、そりゃ。

ピヴォが試合中にいない時もある。なぜなら、かなり特殊な役割だから。背中でプレーしないといけないので、サッカーでトップをやってきたと言っても、また違う。この役割を習慣化させてきた選手というのは、そういない。ここでボールを失うと守備のトランジションのフェーズへ入ってしまう。このリスクは個人的には、そうおかしたくない。

だから4-0派と言われるのかもしれない。でも3-1をしないわけではない。ピヴォの選手を投入して、基本的なフォーメーションとして前に人は置いてはいないけど、状況によるローテーションの中で行くこともあるし、前でだけピヴォが活きる訳ではないし、選手たちが感じた上で前に位置どるならそれは攻撃のバリエーションとなって相手の慣れに不慣れを与えられるし。

さっきも言ったけど32、そして1の攻撃をトレーニングすれば、ローテーションはある程度行われることとなり、どのフォーメーションでも賢いプレーはできる。ただし、数あるローテーションの中でも大枠をつくることで制限をかけ、チームで共通認識としやすくなることも事実。その基準をできる限り緩くすることで、決断の自由度は増し相手がプレーを読むことは難しくなると思う。

2021/08/13[対談1]こうしないといけないっていうのがフットサルって思われるのは、すごく嫌だ。ローテーション土台ではなくて、選手がいてローテーションをどうしましょうか

村松

育成?週何回、練習あるか、とか、どういう環境を整えられるか、ていうことから。週2回と週末の試合?

ゲスト

週一練習で週末試合の時も。集まらない時もあって、練習試合が週末あると、セットでバラバラになることも。

練習が例えば、7人だとかだと、結局週末も、片セットは適当になってしまって。練習でやったことも先延ばしということになります。

まず思うのは、週になんとか2回、平日ね。平日2回はやって週末に挑むった形でないと、何ができるかなぁって、まず思う。戦術的なトレーニングしようとした時も、平日一回しかなかったらなぁ。スペインのリーグに属しているチームでも平日1回のチームは、聞いたことはなかったかなぁ。

そうなんですね。まぁでもチーム体制のことは監督が決めているから、僕にはどうしようもないか。

僕のチームで感じるのは、めっちゃ動き決まってるというか、サインプレーというか、インプレー中でも決められているというか。僕はサッカーずっとやってきて、ある程度形は決まっていて、あとは判断というか。

フットサルは、全部決められているのかなぁって。その教えてくれる人がいたチームは、サインで全部動いていて。

僕は、良くないと思う。笑。まず、つまらない。それじゃあ上手くならないでしょ。こうしないといけないっていうのがフットサルって思われるのは、すごい嫌だ。

監督の哲学、そのチームやクラブの文化はリスペクトしている中でも、決められた動きだけやるではなくて選手たちに決断の余白を残すべき。でないとフットサルというゲーム性からも外れているよね。

選手たちからの不満は大きくなる。彼らはわかっている、これやれって言われても状況によっては違うことをしたほうが良いことを。でも、今のサインプレーはこれだろ、やれよって言われて…。いやいや、楽しくない。

それでノイローゼになったみたいです。苦笑。

でも、ミニサッカーみたいなチームが、この地域には多い中で、サインで動くけど相手を見てコントロールの方向を変化させていくことができている。

サッカーだと、そう強くプレスが来ることはないから、そのあたりは、僕も今の少年団のチームに伝えていきたい。でも、自分もそんなにやっていないので、そういう感覚っていうのはわからなくて。

えっでも、サッカーはある程度やったんだよね?だったら、そう気にする必要はないと思うけどね。

フットサル特有で、フロアーであって速いボールが来て、ボールを良く見ないと最初はコントロールできないかもしれないけど、そこから少しずつ注意を変えていけば良くて、足の裏を使わないといけないかっていったらそうではないし、そこはサッカーと同じ。コーチングのやり方やプレーにおける考え方っていうのは変わらないから。

変にフットサルをやろうとしすぎるのではなくて、このフットサルというゲームはどうやったら勝ちやすいかを各監督は研究していくべきではないかな。学びつつ、でも変にフットサル染まらないというか。

フットサルやっている人からすると変だけどね。笑。フットサルに染まらないっていうのも。よくあるじゃん、ローテーションの動きの練習するチーム。でも、あれ、ローテーションやることが目的になっちゃっているチーム多いから。

あーそれ、うちもそうかも。

そうなったら、相手の守備からしたら、こいつら攻める気ないなってなって、読みやすくなる。あそこはプレスいかなくていい、どうせ、こっち来るから、そこにプレスに行けばいいってなる。

僕が思うのは、選手がプレーするって中に、どうやってローテーションを加えますかと。ローテーション土台ではなくて、選手がいてローテーションをどうしましょうかと考えないと、選手が機械になっちゃう。機械になると、今言ったみたいにプレーは読みとられやすい。読み取られやすくなると、ボール奪われたりして、うまくいかない。そうすると選手たちはつまらない、わからないってなる。

だいたい、そういう流れあるよね、サッカーからフットサル始める人って。笑。なんで、そんなローテーションしないといけないのっていう人が辞めてしまうのは、なんかフットサルというスポーツにとっては勿体ない気がするよね。

対談[村松×中西]個サルや大会を運営する中西の想い。フットサルを通じてデザインしたいこと

メディアとイベントを運営するフットサルデザイン代表である中西充。BARフットサルのスタッフとして力を貸してくれている。

中西 こんにちは!

村松 ういっす!早速だけどフットサルデザインの最近の活動について教えてください。

中西充 最近はどうですかねー。やっぱり大会とか個サルですね。動画とかも撮ってみて編集を外注してみたりしてみたりとしかもしてみています。1分の動画編集に1時間かかっちゃいますから。

村松 へーそんなやり方してるんだ。色々とやってみてるね。

中西充 そうですね!ありがたいことにホームページの仕事も頂いていて挑戦しています。でも、もっと稼ぎたいですね。何かないかと最近はよく考えてます。

村松裕樹 本当に色々とやっているね。僕も不安なので色々と考えるけど。充は何をメインにしてやっていきたいと考えている?

中西充 僕はフットサルデザインでやっている個サルや大会とかで、お客さんの笑顔を見ることですね。

村松裕樹 僕と似てる。僕はチームの選手たちのためにできることをやること。支えてくれる様々な方々に繋がるように。充はそれだけで生きていくことができたら最高なの?

中西充 今はそれで良いです。でも体力が必要で、今まで事故ってないけど、いつもうとうとしていて。将来のことを考えないといけないけど、1日1日ってなっちゃっています。大会でも一ヶ所に多くのチームを集めれたら良いのかもしれないですけど。村松さんは監督やっていけたら、それで嬉しいですか?

村松裕樹 うん。

中西充 それがあるのは、良いですね。

村松裕樹 考えすぎなんじゃない?歳食っても、やりようじゃないかな。だって個サルそれだけやりたいんでしょ?

中西充 自分と同じようにフットサルで人生を充実する人が増えてほしい。フットサルは人生を最高にするツール。

村松裕樹 チームと同じような感じだろうけど、選手、その家族、チームのスポンサーやサポーター、地域、そのように努力次第ではポジティブな何かを伝えていけるよね。

中西充 そうですね。少なからず、どこにでも来てくれる人もいて、彼らの家庭なのか仕事なのか、ポジティブな何かが伝わったら良いと願いますね。最近思うのは、自分の手の届くところ以上のところ、世の中に影響を与えれるようになりたい。スマイルの時の竹田さんが言っていたんですよね、それを僕は今思います。

村松裕樹 そんなことまでまで考えるんだね。

中西充 まぁそう思う傍、現場で力がある限りやっていきたい想いもあります。

村松裕樹 でもその時が来れば影響力は出てくるのでは?無理に付けようとしてつくものなのかな。

中西充 影響力を身に付けたいというか手法を変えるべきかなって思ってます。イベント屋も楽しくて充実してるけど、でも家を建て替えたり子ども産んだりできないのではないかなって思います。

村松裕樹 うそやん。できるでしょ。絶対、僕よりは稼いでるでしょ。笑。改めてなんだけど個サルへの想いを教えてほしい。

中西充 居場所を提供をしたいですね。空間、いや居場所の方が近いかな。年齢も経験値も違えば、職場での様々な顔あるけど、フットサルにこれば一喜一憂の顔があって。それがイベントの楽しいところだと思います。

村松裕樹 大会に関してはあるの?コサルとか大会の思い入れの違いとかはあるの?

中西充 その想いに変わりはないですね。

村松裕樹 居場所ね!フットサルデザインは居場所を提供したいんだね。

中西充 フットサルを通じて、みんなの人生を豊かにデザインして欲しいっていう想いです。